USBCNCの緊急停止から再開する

USBCNCを使っていて、なんらかの問題が起きた時に緊急停止する事があります。本来はツールや条件を見直した上で、材料を破棄して最初からやり直すべきだと思うのですが、時にはどうしても続行したい事もあります。そんな時のために、緊急停止から再開する方法をメモしておきます。

なお、これが正しい方法かどうか分かりません。自分は木を加工しているので、多少の誤差は許容できますが、金属を加工する場合はやり直した方がいいように思います。自己責任でお願いします。いい方法があれば教えてください。

(1) 現在の状態を記録
まずは慌てずに、ツール停止位置、Gコードの実行行、ツールのワーク座標を記録します。

(2) 原因を確認
今回の場合は、切子が角に詰まっているのが原因のようだったので、継続可能と判断しました。CAMソフトで確認して、ツールがストックに接触している場合は、パスの条件を見直すべきでしょう。

(3)[reset]ボタンを押す

(4)[auto]の中の[サイクルスタート位置に設定]で、停止した行を指定。
円弧を指定する命令(G02, G03)の場合は、再開できませんでした。

(5) 停止時のツール位置に移動
Zを退避した状態で、XYをジョグで可能な限り合わせたあとでZを降ろす。

(6)[スピンドル]を押して回転させる

(7)祈りながら[実行]を押す

img-alternative-text
img-alternative-text
img-alternative-text
Previous
Next Post »